家賃支援給付金の申請が7月14日から開始。

0

    家賃支援給付金の申請が7月14日から始まりました。

     

     

     

     

     

     


    小池氏の学歴詐称疑惑

    0

       

                 小池氏の学歴詐称疑惑       2020年7月7日記

       

      ●公職選挙法では学歴詐称は当選無効となる。過去に、学歴詐称で当選無効に者もいる。

      ●この問題は、パソコンで、「カイロ大学」「小池」で検索すれば、多くの情報が得られる。もちろん、ベストセラー『女帝・小池百合子』にも学歴詐称疑惑は詳細に記載されている。そんな中で、三つ取り上げ、要約した。

       

      (1)「小池都知事の学歴問題の最終解決策」(2020年7月5日、長谷川良)

       「小池氏のカイロ大学卒業は嘘だ」という指摘に対し、小池氏は、カイロ大学学長の声明文(6月8日)を提示した。しかし、「学長声明文が信頼できるか?」という問題がある。

       そもそもエジプトは軍閥政権で、軍閥指導者が「卒業したことにしておけ」と指示すれば、卒業証書などの書類を即製することは朝飯前だ。軍閥政権や独裁国でのアカデミックな資格は、明確な証拠を提示しない限り、適用されないのは当然だ。

       明確な証拠、たとえば、卒業論文だ。その論文を提示して、アラブ語で解説すれば、納得するだろう。

       

       たとえば、欧州連合(EU)のヨハンネス・ハーン欧州委員(予算担当)は、通常「ドクター・ハーン」と呼ばれていたが、メディアから「博士号を取得していない」と叩かれた。それに対して、ハーン氏は博士論文をメディアに流して証明した。

       もちろん、欧州でも、証明に失敗して政治生命を失った者もいる。

       

       小池氏の運命は、エジプト軍閥政権が握っている状況は困ったことだ。

       

      (2)「小池氏発言『私は100%エジプト人なの』の異常さ」(2020年7月3日、浅川芳裕)

      仝獣魯瓮妊ア「カイロ大声明は小池氏の再選が目的」

       カイロ大学は軍部・情報部の支配下にある。情報部は、小池氏が「エジプトのパパ」と呼ぶハーテム氏が創設・掌握している。小池氏はハーテム氏の子飼いだ。そのハーテム氏の権力で、カイロ大学に飛び級の不正入学と裏口卒業(学業の実体がない『超法規的』な卒業証書保持者)を果たした。

       エジプトメディアは、「カイロ大学声明」は、小池氏再選目的と明言している。ウェブ報道サイト「アルバラド」、ウェブ報道サイト「アハバーラック」、「アルワフド」新聞ネット。

       

      軍の「諜報テレビ」取材で常軌を逸した小池発言

       なぜ、そこまで小池氏をかばうのか?2018年8月30日、エジプト軍閥テレビDMCの取材で「私は100%エジプト人なの」と語った。常軌を逸した発言だ。エジプト軍閥・情報部の「子飼い」であることを、公言したに等しい。

       

      小池批判への強権的脅迫

       エジプト軍閥は、小池知事への攻撃は、エジプトへの攻撃とみなしている。そして、エジプトメディアも同様の主張を展開した。

      カイロ大学の声明は、小池氏の学歴疑惑を報じる者は、みな小池都知事の反対勢力とみなし、小池氏に代わってエジプト国家が、対抗措置をとるという「脅迫」である。

      声明文にも「本声明は、一連の言動に対する警告であり…」と露骨に脅迫している。

       

      ざ爾靴剖してしまった都議会自民党

       この見え透いた脅しは、エジプト情報部のプロパガンダ戦の基本である。脅しの効果は抜群で、都議会自民党は「小池氏のカイロ大卒業の証明を求める決議案(6月9日)」を取り下げた。普通に考えれば、わざわざ大学声明まで出して、エジプト大使館まで関わって、「脅す」となれば、疑惑は深まるのだが、エジプトメディアが報じたとおり、「危機に瀬する東京都知事を救うための介入」に成功した。

       

       それでは、小池氏のエジプト軍閥への見返りは何か?

       小池氏は、エジプトメディアに何度も答えている。

       一例として、環境大臣に就任した時のエジプトメディアへの回答。「エジプトは、私に対して、長い間、投資してきたと思っています。今では、私への投資が有益で、成功であったことがはっきりしています。そうだよね」

      「日本は、環境分野を含む多くの協力分野でエジプトを支援しています。(中略)神が望めば、エジプトは将来、さまざまな地域で日本から協力プロジェクトを目撃することになるでしょう」(アハラーム紙2004年3月2日)

       エジプト軍閥にとっては、小池氏を助けることは、お安い御用なのだ。

       

      (3)日本人の血税を忠実にエジプトに差し出す小池氏(2020年7月4日、浅川芳裕)

      ‘蛤枩貔下のエジプト、アラブ諸国のネットユーザーの声

       「カイロ大学声明は怪しい。エジプト政府の声明だから、疑念を持って当然だ。」

      小池氏と軍閥の癒着・腐敗、それを覆い隠すエジプト政府のプロパガンダを見透かしている。

       

      ▲┘献廛販プロパガンダの真髄を見せた動画

      現地で、,里茲Δ塀颪込みが盛り上がった。その時、「アルバラド」に「サダム・フセインと東京都知事――カイロ大学の卒業生たち」という動画がアップされた。エジプト情報部のプロパガンダの真髄は、疑惑には一切答えず、さらに大きな「誇張」や「ほら」をかぶせていく。そうして、何が何だか分からなくする。

      二人の共通点は、卒業生ではないが、卒業生なのだ。

      フセインはカイロ大学中退と自認していたが、エジプトでは、卒業の方が自国に有利とみなして、勝手に卒業生にしてしまった。小池氏の場合は、卒業を自認(学歴詐称)してしまったが、後に、超法規的に公認されるという変則ケースである。

      カイロ大学には、「外国人特別待遇枠」があり、二人とも、その枠であった。要は、エジプトのための工作員・エージェント養成である。

       

      小池氏が300億円ODAの発端

      軍閥大統領は、小池元防衛相に謝意を表した(2016年3月4日)。日本のODA(政府開発援助)で、3百数十億円のエジプトへの教育支援策「エジプトー日本教育パートナーシップ」が進行していく。

      小池氏は、エジプトからの借りを、日本人の税金で返済しているのだ。

      小池氏のエジプトへの見返りは、今後も続く。彼らに、生殺与奪を握られているのだ。


      都知事選挙を振り返って

      0

         

        都知事選挙で思うこと

        名望家民主主義から大衆民主主義への構造転換

         

          政治学で最も重要なテーマです。

        民主主義は、名望家民主主義(有権者が制限され有力者だけ)から大衆民主主義(有権者が非常に多い)への構造転換がなされた。この構造転換を深く認識することが、極めて重要で、司法試験、都庁管理職試験でも、毎年、このことが試験問題になっています。

         

         大衆民主主義にあっては、「良識あるマスコミ」が、政治家と膨大な有権者の「仲立ち」として不可欠です。ところが、日本のマスコミは、「報道の自由」すら、自ら放棄している(報道の自由度ランキング)。そして、「犬が人を噛んででもニュースにならない。しかし、人が犬を噛んだらニュースになる」という格言に従っている感じです。

         マスコミ人は、何を考えているのだろうか。サラリーマンだから、しかたがないのか、上役、その上の権力に従順になるしかないのか。

         

         都知事選挙では、マスコミは従来なされていた公開討論さえ実行しなかった。小池知事が拒否したということらしいが、そうならば、なぜ、それを報道しないのか。大衆民主主義におけるマスコミの役割を放棄したに等しい。

         私が今回の都知事選で最も危惧するのは、小池知事はカイロ大学ブローカーと親密な関係者の「いいなり」になるということです。なぜ、この疑問を提起しないのか。

         

         マスコミがしっかりしないと、「人が犬を噛んだらニュースになる」がますます、はびこる。中身はどうあれ、テレビに出さえすれば、「やってる感」「人気が出る」が、どんどんはびこる。

         

         すでに、ペテン師同然の人物が、のし上がっている。

           

        政治学において最も重要なテーマは、名望家民主主義から大衆民主主義への構造転換です。そして、マスコミの役割です。

        大衆民主主義において、マスコミ人はどんな見識を持っているのか。

        都知事選挙を振り返ると、「マスコミが、日本の民主主義をゆがめている」と思ってしまう。

         


        知事は感染症病床を3千にすると発表したが、信用できない。

        0
          小池知事は、3月中旬、感染症病床について「現在118床あって、それを4千床に増やす」と言った。それは嘘だった。その時すでに、200か300はあった。すぐに4千床ではなく、2千床と言い出した。その2千床も実現しなかったようだ。
          2〜3日前、「現在1千床ある。3千床に増やすよう指示した」と発表した。とても信用できない。
          杉並区は約70床増やすために23億円を投入した。金を言わず、3千床と言っても、信用できない。言われた病院も信用しないだろうな。

          都知事選で、和泉式部の歌を思う。

          0

            冥(くら)きより 冥き道にぞ 入りぬべき 遥かに照らせ 山の端の月

                                    (和泉式部)

            超意訳ですが、世の中真っ暗だ、道を照らしてよ、お月様。今回の知事選で、道を照らすのは「宇都宮けんじ」以外にない。

             

            4年前、小池氏が7つのゼロ公約を掲げたが、全部ウソだった。今回も、ウソ公約を並べている。

            山本氏は、15兆円都債で、現金無差別バラマキを公約している。都道府県・市区町村の財政担当者に聞けば、全員、「不可能」と返事するでしょう。

            ウソならば、なんでも言える。ウソを本当らしく演技するテクニックだけが、流行っている。

            正直、実直は、大型選挙では不向きなのか?

            今回の都知事選は、「正直」と「ウソ」の選択だと思う。


            << | 3/119PAGES | >>

            カレンダー

            << August 2020 >>
            SunMonTueWedThuFriSat
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     

            最近のエントリー

            カテゴリー

            月別アーカイブ

            recent comment

            リンク

            profile

            サイト内検索

            others

            モバイルサイト

            qrcode