介護、国保、後期高齢者医療の保険料はコロナ特例減免がある。

0

    3つの保険料に関して、コロナ特例減免が実施されています。予算も措置されています。

    でも、大半の人は知りません。そのため、私の予想では、想定対象者数の1割以下しか、申請しない。

    マスコミは、3保険のコロナ特例減免を、なぜ報道しないのか?

     

     


    立憲民主党杉並区議団ZOOMオンラインセミナーのご案内

    0

      8月22日(土)13:00〜開始です。

      まだ、zoom会議に慣れていない人が多いと思いますが、よろしくお願いします。

       


      10年前の新型インフルエンザの死亡率、日本は非常に低かった

      0

        10年前の新型インフルエンザの死亡率比較

          日本は、なぜか非常に低い

         

        2009〜2010年の新型インフルエンザ(パンデミック2009)の資料を改めて読んでみました。その感想を。

         

        ●10年前の新型インフルエンザの日本の感染者数は、なんと1000万人である。にもかかわらず、死亡数は200人、「人口10万人当り死亡率」は「0.16」で、主な国の中で最低水準であった。

         

        ●厚労省の総括では、医療体制の整備の必要性が述べられているが、どうも、総括されただけで、実行はされなかったようだ。

        死者が少なかったため、「大騒ぎし過ぎだった」との声も出た。そして、忘れ去られていった。

         

        国名

        死亡数

        人口10万人当り

         

         

         

         

        米国

        12.000

        3.96

         

        韓国

          257

        0.53

        カナダ

          428

        1.32

         

        フランス

          312

        0.51

        メキシコ

         1,111

        1.05

         

        ニュージーランド

           20

        0.48

        豪州

         191

        0.93

         

        タイ

          225

        0.35

        英国

         457

        0.76

         

        ドイツ

          255

        0.31

        シンガポール

          25

        0.57

         

        日本

          199

        0.16

         

            日本は感染症に無関心すぎた

         

        ●そもそも、日本では「危機管理」とは、国防・テロ、それと大地震を注目するが、感染症は無視されていた。感染症パンデミックは、10年〜40年の間に必ず発生すると言われている。最近では、10年に一度は発生している。

         

         


        杉並区は、店舗のコロナ対策の「消毒用アルコール」「マスク」等の購入費を助成。3万円。

        0

          杉並区では、中小の店舗で、コロナ対策として使用する「消毒用アルコール」「マスク」」フェイスシールド」「非接触式体温計」などの購入費を助成することになりました。

          3万円まで。領収書の保存を。

           

           

           


          政府・東京都は、コロナ基本2対策に、なぜ動かないのか?

          0

             

            新型コロナウイルス感染症の基本2対策
             第1は、PCR検査。数を大幅に拡大する。
             第2は、陽性者の入院・隔離。陽性者を感染症病床へ入院させる。病床不足ならば、軽症者などを隔離するためホテルや仮設住宅などを確保する。自宅待機は、よくない。
             この2つである。むろん、個人で可能な「手洗い、うがい、マスク、3密をさける…など」も重要である。しかし、それだけで済むわけがない。
             この基本2対策がしっかり実施されれば、コロナ絶滅には至らないだろうが、蔓延している「コロナ不安」は解消される。それは、自動的に、経済への決定的な好影響となる。

             

            [政府・東京都は、なぜ基本2対策に動かないのか?] 
            「日本型無責任体制」かも知れない。先の大戦の終戦後、幹部はことごとく、「本音では戦争をしたくなかった、でも、上からの命令で拒否できなかった」と弁解した。上へ、上へと、トップまで至ると、「みんなが戦争賛成だった。トップといえども無視できなかった」と弁解した。某氏は、「空気」と表現した。「得体のしれない空気」が政策決定をしていたのである。
            あるいは、20年前、日産が経営危機に陥り、ゴーンが再建した。再建後、ゴーンは、「日産の幹部は、会社の問題点をよく知っていた。どう改革すべきかも知っていた。しかし、実行しなかった、実行できなかった」と語った。
             それとも、政府・東京都は、「コロナは、大したものじゃない。そのうち終息する」と、根拠なき楽観論を抱いているのだろうか…。


            << | 2/103PAGES | >>

            カレンダー

            << October 2020 >>
            SunMonTueWedThuFriSat
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            25262728293031

            最近のエントリー

            カテゴリー

            月別アーカイブ

            recent comment

            リンク

            profile

            サイト内検索

            others

            モバイルサイト

            qrcode