杉並区内ブロック塀等 安全性確保のための緊急対策要望書を区長へ提出

0

    平成30年6月18日の大阪北部の大地震で、高槻市の小学校のブロック塀が倒壊し、通学中の女児が死亡という痛ましい事故が発生しました。杉並区は、点検・改善方針など迅速な対応を取りました。

    そのことを踏まえて、7月11日、立憲民主党杉並区議団(太田、山本、川野、関口)として、田中良杉並区長に「杉並区内ブロック塀等 安全性確保のための緊急対策要望書」を手渡しいたしました。9月の区議会に補正予算が提案されることを期待しています。

     

     


    ヤズディ教徒は大虐殺されたが、マスコミは報道しない。

    0

      WCRP(世界宗教者平和会議)日本委員会が「ヤズディ」の学習会を開催するので、参加したかったが、キャンセルできない先約のため参加できなかった。

      イラク北部にクルド人がいる。クルド人はイスラム教○○派である。クルド人が住む地帯に、ヤズディ教を信じるヤズディ教徒が住んでいる。ヤズディ教はイスラム教ではなく、極めて閉鎖的宗教である。そのため、迫害の歴史である。イスラム教の立場からすれば、キリスト教徒やユダヤ教徒はイスラム教に改宗させることが可能だが、ヤズディ教徒は改宗不可能な「どうしようもない邪教」「どうしようもない連中」という感覚らしい。したがって、過激組織ISにとっては、キリスト教徒・ユダヤ教徒よりも憎いのがヤズディ教徒である。そして、大虐殺が行われた。

      欧米及び日本のマスコミは、「ISがクルド人を大虐殺した」という脈絡で報道するだけで、「ヤズディ大虐殺」という真実は報道しない。「ISからは大虐殺、世界からは無視」それがヤズディ教徒の姿である。

       


      「助けて」と言える人は、たったの5%です。

      0

        「助けて」と言える人は5%です。

        私の所への相談者で、杉並区民の人の割合は、2〜3割です。7〜8割は杉並区外の人です。本当に深刻な相談(とても格好悪い相談)は、近所の人に相談しないものです。「隣の質屋へは行かない」「2駅ほど離れたサラ金を利用する」ということです。近所の人にバレないように、「困った事」を解決したいのです。

        以前、弁護士会が「弁護士がいない町村」を順々に無料法律相談会をしました。お客は、当該の町村の人はゼロで、来る客は隣の町村の住民ばかり、ということでした。隣近所にバレナイように処理したい、ということです。

        困った事態に遭遇して、誰かに「助けて」をできる人は、たったの5%です。逆に、「助けて」と頼られたら、95%の人は、なんとかしようと関わる意識はあります。能力は別にして、良き心はあります。

        そんな現状だと、どうなるでしょうか。「知らない人に、助けて」と言う。「知らない人に、相談する」ということです。法外な報酬を取られたり、悪くすると詐欺にあいます。

        ですから、困った事が発生しそうだ、と予想される場合、「助けて」と頼れる人が、いるかどうか、それがとても重要です。


        精神疾患の理解のために(3ページ目)

        0

          3ページ目です。(全部で3ページ、これが最後のページです。)

           


          精神疾患の理解のために(2ページ目)

          0

            2ページ目です。(全部で3ページ)

             


            << | 2/82PAGES | >>

            カレンダー

            << July 2018 >>
            SunMonTueWedThuFriSat
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    

            最近のエントリー

            カテゴリー

            月別アーカイブ

            recent comment

            リンク

            profile

            サイト内検索

            others

            モバイルサイト

            qrcode