老〜い、どん!樋口恵子さんの本です。

0

     

    樋口恵子さんからプレゼントされました。「おもしろい」ですよ、もちろん、ためになります。まずは、現実直視!

     

     


    アビガン、レムデシビルの承認を、なぜ、急ぐにか?

    0

       

      アビガンやレムデシビルが、新型コロナウイルス感染症に効く薬なのかどうか、現段階では、分からない。

      それにも関わらず、なぜ政府は承認を急いでいるのか?

      利権があるのか?忖度があるのか?

      トランプからの圧力なのか?

      緊急事態宣言を解除したいので?

      マスコミの論調は、概して、「効いた」という体験談を流すなど、承認に好意的である。

      アビガンやレムデシビルが承認されると、「感染症+薬の副作用」という泥沼に陥る。


      新型コロナとストックデールの逆説

      0

        杉並区議会議員(立憲民主党杉並区議団幹事長)太田哲二レポート(5月9日号)

                               太田携帯090−9248−0845

        新型コロナに関して

         「〇〇日まで頑張れ」は失望に至る…ストックデールの逆説

         

        ●ストックデールの逆説

         ベトナム戦争中、米兵士ストックデールは捕虜として7年間過ごした。

        [現実を直視]……拷問もある捕虜生活は何年続くか分からない。国へ帰れないかも知れない。帰れるかも知れないが、何時のことか分からない。

        「現実を直視」とは、誤った楽観主義を排除すること。誤った楽観主義にしがみついた同僚捕虜は生き残れなかった。「クリスマスまでには解放される」と言っていたが、クリスマスは過ぎ去っていった。こんどは「イースターまでには解放される」と言い出した。しかし、イースターは過ぎ去っていった。そしてまた、「今度のクリスマスまでには…。」失意・失望で彼らは死んでいった。

        [揺るがぬ希望]……「必ず国へ帰れる」という揺るがぬ将来への希望・信念を持つ。

        「過酷な現実」に遭遇すれば、普通は「失意・失望」となる。しかし、「過酷な現実」であっても「過酷な現実を直視」して「揺るがぬ希望」を持つ。それが、生きる道であった。

        (ストックデールにとって、捕虜という現実は変えられないが、自分の心は変えられる)

         

        ●新型コロナに対して「誤った楽観主義」が続いている。

         2月29日、安倍首相記者会見は「これから1〜2週間が瀬戸際、山場」だから「あらゆる手をつくす」必要があり「イベント自粛」を要請した。

         3月14日、安倍首相第2回記者会見。「2週間余りが経過した」「一定程度、持ちこたえている」しかし「現状は依然として警戒を緩めることはできません。引き続き御協力を」

         4月7日、安倍首相「5月7日まで緊急事態宣言」を発表。7都府県が対象。

         4月16日、対象が全国に。

         5月4日夜、安倍首相記者会見「緊急事態宣言を5月末まで延長」

         

        安倍首相も東京都知事も大阪府知事も、ことごとく「誤った楽観主義」に陥っている。漠然と、なんとなく、「1〜2週間まで」「春休み明けまで」「5月7日まで」「5月末まで」である。<現実……秋から冬に巨大な第2波が到来>

        ここ数日、「出口戦略」で具体的数字が云々されているが、そもそも「入口」で(宣言の日、自粛要請の日)、「入口」・「出口」の具体的数字を示すべきだった。つまり、今ごろ数字が云々ということは、「入口」の時は、ヤマカンでしたと告白しているに等しい。

        そして、「今月中に、出口がありそう」な言が多いが、これも「誤った楽観主義」です。


        休業手当と雇用調整助成金

        0

           

          杉並区議会議員(立憲民主党杉並区議団幹事長)太田哲二レポート(5月7日号)

                                     太田携帯 090−9248−0845

              [休業手当と雇用調整助成金]

          (1)休業手当

          ●休業手当は、平均給与の6割以上

          労働基準法「第26条(休業手当) 使用者の責に帰すべき事由による休業の場合においては、使用者は、休業期間中当該労働者に、その平均賃金の6割以上の手当を支払わなければならない。

          ●雇用調整助成金(コロナ以外)

           休業手当への国からの助成率は、中小企業は3分の2、大企業は2分の1。

           

          (2)新型コロナにかかる雇用調整助成金の特例措置の拡大

          ◎緊急対応期間…4月1日〜6月30日

          雇用保険被保険者でない労働者も対象となった。

          雇用調整助成金アップ

          中小企業は5分の4、大企業は3分の2。

          (解雇等を行わない場合は、中小企業は10分の9、大企業は4分の3)

          上限は日額8,330円。(約1万5000円にアップするかも)

          ◎申請書類の簡素化…しかし、難しい。社会保険労務士など専門家に依頼することが多い。

           

          ●問い合わせ先

           ハローワーク助成金事務センター・雇用調整助成金担当 03−5337−7418

           ハローワーク新宿(杉並・中野・新宿) 03−3200−8609

           学校等休業助成金・支援金・雇用調整助成金コールセンター 0120−60−3999

           

          (3)失業者の急増加

           失業者数は、2月、3月は前月比で数万人の増加だった。緊急事態宣言で、4月は30万人を超えるらしい。5月も同じくらい増えるらしい。休業手当のための雇用調整助成金の「特例措置」をつくった。それを「拡大」した。さらに「拡大」した。失業者の増加を、なんとか阻止したい気持ちは、よく分かる。

           しかし、日本の休業手当の制度は、問題点があり過ぎる。

          ◇書類が複雑過ぎる。

          ◇申請しても会社が実際の助成金を受け取るまで4〜5か月かかる。したがって、その間は会社が助成金を立て替えて休業者に支払わなければならない。会社にそんな余裕がない。だから、解雇せざるを得ない。休業手当の制度はあるが、生きた制度になっていない。

          ◇国によっては、コロナのような場合、会社経由ではなく、国が直接支給する。失業者増を抑えられる。

          ◇非正規雇用者、コロナの場合は特例で対象になった。

           ぼやいていても仕方がない。今は、この制度の活用・普及を啓蒙しよう。


          新型コロナ、中小企業・個人事業者への融資(無担保・無利子・3千万円)

          0

             

            杉並区議会議員(立憲民主党杉並区議団幹事長)太田哲二レポート(5月5日号)

                                            太田携帯090−9248−0845

                   ♧ ♧ 中小企業・個人事業者への融資  ♧ ♧

            [杉並区]

            ●新型コロナウイルス感染症対策特例資金(経営安定運転特例資金・経営安定運転特例小口資金)

            通常の融資は「杉並区中小企業資金融資」となりますが、新型コロナで売上高が減少した企業・事業者を対象に、特別の制度を新設しました。

             

            主な条件

            資金使途

            限度額

            表面利率

            利率負担割合

            貸付期間

            (据置期間)

            経営安定運転

               特例資金

            最近1か月の売上高が、前年同期より減少

            運転資金

            700万円

            表面利率:1.90%

            ・3年間は本人負担率:0%

            ・3年後は本人負担率:0.48%

            7年以内

            (6か月)

             

            経営安定運転

             特例小口資金

            最近1か月の売上高が、前年同期より減少

            従業員20名(小売業等は5人)以下

            運転資金

            700万円

            表面利率:1.70%

            ・3年間は本人負担率:0%

            ・3年後は本人負担率:0.43%

             

            7年以内

            (6か月)

             

            ◇申込期間  令和2年3月12日〜6月1日

            ◇申込受付窓口 電話予約してから窓口へ。

              杉並区上荻1−2−1ダイワ荻窪タワー2階 産業振興センター就労:経営支援係(商工相談担当)

              電話 03(5347)9182

             

            ◆セーフティーネット保証(4号・5号)、危機関連保証(6項)の認定

            コロナのため、中小企業信用保険法第2条第5項第4号、第2条第5項第5号、第2条第6項に基づく認定が

            実施され、それぞれ、信用保証協会の別枠保証等特例措置が適用される。

             

            [東京都]

            ●新型コロナウイルス感染症対応緊急融資緊急借換危機対応融資

              3メニューとも、融資限度額は2億8千万円。融資額1億円までは利子全額補給(3年間)。

            ●新設・感染症対応融資(全国制度)・・・5月1日から、実質無担保・無利子・3千万円がスタート

            セーフティーネット保証(4号・5号)、危機関連保証(6項)の認定を受けている。

            無担保3千万円、利子全額補給(3年間)

            ◇申込受付場所……普通銀行、信用金庫、信用組合など。

            ◇都の特別相談窓口……東京都産業労働局金融部金融課:電話03(5320)4877

             

            [国]

            ●日本政策金融公庫・商工中金の新型コロナウイルス感染症特別貸付

             経済産業省のパンフには「最長で5年間、元本の返済が不要」「利子補給で金利負担が実質ゼロ」「担保なしでの借り入れも可能です」とあります。・・・5月1日から、実質無担保・無利子・3千万円がスタート

            ◇問い合わせ先:中小企業金融・給付金相談窓口 TEL0570−783183

                 ※お付き合いのある普通銀行、信用金庫、信用組合でも相談できます。

            ◇資料:経済産業省HP特設ページ。「経済産業省 新型コロナウイルス感染症関連」で検索を。

            ※個人事業主、フリーランスも、この際一度、このHPを眺めてください。

             

            [民間金融機関]

             東京都、国(日本政策金融公庫・商工中金)と同じく、・・・5月1日から、実質無担保・無利子・3千万円がスタート

             


            << | 2/97PAGES | >>

            カレンダー

            << May 2020 >>
            SunMonTueWedThuFriSat
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      

            最近のエントリー

            カテゴリー

            月別アーカイブ

            recent comment

            リンク

            profile

            サイト内検索

            others

            モバイルサイト

            qrcode