日本は独裁国家への道を歩んでいるか

0

    7月5日、ニューヨーク・タイムズが日本を独裁国家と表現した。そのエキスは、日本政府は時々、ジャーナリストに対して独裁国家を想起させる方法で行動する、というものである。

    「国境なき記者団」は毎年、報道の自由に関するランキングを発表している。今年の日本は67位である。60位台の国は、一般的に独裁国と言われる国ばかりである。

    福田元首相は、「官庁の幹部は皆、官邸の顔色を見て仕事をしている。恥ずかしいことだ。国家の破滅に近づいている。忖度どころか、積極的にすり寄る人もいる。その結果、能力のない人が偉くなり、むちゃくちゃだ」と言っている。

    公文書の改ざん、隠蔽、抹消は当たり前のようになされ、「(経済が)悪くなっている」のに「良くなっている」と信じ込まされる。

    ジョージ・オーウェル著『1984年』は独裁国家を描いている。その独裁国家のスローガンは、

      戦争は平和なり

      自由は隷従なり

      無知は力なり

    現代日本は、ひたすら、このスローガンの道を歩んでいる。


    東京新聞の望月記者の講演会の場所が変更されました。

    0

      今、一番脚光をあびている新聞記者、望月記者の講演があります。

      現在ヒット中の映画『新聞記者』は望月記者の原案です。

      7月15日(月、祝日)午後2時〜5時

      場所は、地下鉄「中野富士見町駅」近くの「芳澍学園セレニティホール」(杉並区和田1−3−20)に変更になりました。下のチラシには「佼成図書館視聴覚ホール」と印刷されていますが、「芳澍学園セレニティホール」に変更されました。佼成図書館(正面)の斜め前です。

      共催…国際自由宗教女性連盟、立正佼成会国際仏教教会

       


      ここ数日、よろず相談が多い。

      0

        今日(4日)から参議院選挙が始まった。ここ数日の相談内容は、

        3日、ブラック企業に勤める若者の労働相談。

        2日、高齢者の住宅相談2件。離婚後のゴタゴタ相談。特別養護老人ホームへの入所。

        1日は、私主催の「お金の福祉の勉強会」でした。テーマは年金中心でした。5月の連休明けから、2000万円問題とは関係なく年金に関する愚痴的相談が多くなった。

         


        年金「2019年財政検証」参議院選挙後まで非公開

        0

          年金「2019年財政検証」参院選後まで非公開

          「財政検証」は、厚労省の「国民年金及び厚生年金に係る財政の現況及び見通し」です。いわば、「年金の健康診断」で、5年に1度、発表されます。

          前回は、2014年(平成26年)6月3日に発表されました。

          今回(2019年)も、専門委員会の最終会合(3月7日)から約三か月後の6月中旬には、発表されると思われていました。ところが、参院選後となりました。「ものすごく悪い数字に違いない」と噂されています。

           

          下記の図表は2014年発表の「所得代替率」です。現役男子の平均賃金に対して、厚生年金受給夫婦2人が何%になるかを示す数字です。

          経済が順調なケースがAで、悪化のケースがHです。

          法律では、50%以下にしないことが決まっています。

          2014年の数字ですが、経済順調(ケースA)でも、25年後は50.9%のスレスレです。ケースF・G・Hは放置すれば、確実に50%以下になります。

           

                        2014年財政検証で発表された「所得代替率」

           

          2014年度

          2019年度

          2030年度

          2044年度

          2050年度

          ケースA

          62.7%

          60.3%

          57.2%

          50.9%

          50.9%

           

           

          2014年度

          2019年度

          2030年度

          2043年度

          2050年度

          ケースB

          62.7%

          60.2%

          57.1%

          50.9%

          50.9%

          ケースC

          62.7%

          60.0%

          56.9%

          51.0%

          51.0%

          ケースD

          62.7%

          59.8%

          56.7%

          50.8%

          50.8%

          ケースE

          62.7%

          59.7%

          56.5%

          50.6%

          50.6%

           

           

          2014年度

          2019年度

          2030年度

          2040年度

          2050年度

          ケースF

          62.7%

          59.9%

          54.8%

          50.0%

          45.7%

           

           

          2014年度

          2019年度

          2030年度

          2038年度

          2058年度

          ケースG

          62.7%

          59.9%

          53.8%

          50.0%

          42.0%

           

           

          2014年度

          2019年度

          2030年度

          2036年度

          2055年度

          ケースH

          62.7%

          59.9%

          53.8%

          50.0%

          39.0%

           


          「お金と福祉の勉強会」ご案内(7月1日)

          0

            「お金と福祉の勉強会」ご案内(2019年第5回、通算127回)

            ◎「理不尽と闘う」講師:塩村あやか(下の写真)

            ◎「公的年金の仕組みと現状」講師:新井智晴(社会保険労務士・行政書士)

            ◎「減った年金を取り戻せ!」講師:太田哲二(立憲民主党杉並区議団幹事長)

             

            日時…7月1日(月)午後6時30分〜7時45分

            場所…阿佐ヶ谷地域区民センター、3Fの第4集会室(JR阿佐ヶ谷駅(南口)徒歩2分)

                 ※紙の案内チラシには「3F第6集会室」と印刷しましたが、運よく、いつもの「3F第4集会室」が確保できました。

            会費…無料

             

            ※準備の都合上、出席予定の方は、太田までご連絡いただければ幸いです。

               FAX 03(3332)0672

               メール  info@ota-tetuji.jp

                     携帯電話 090−9248−0845

             


            << | 2/107PAGES | >>

            カレンダー

            << November 2019 >>
            SunMonTueWedThuFriSat
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930

            最近のエントリー

            カテゴリー

            月別アーカイブ

            recent comment

            リンク

            profile

            サイト内検索

            others

            モバイルサイト

            qrcode