「住宅確保給付金」・・収入減で家賃が払えない時

0

     

     住居確保給付金

         …コロナで利用者大激増

      4・5・6の3か月間で昨年度1年間の42倍に!

     

     失業、離職、廃業などで収入が減り、家賃が払えない人には、「住居確保給付金」制度があります。全国共通制度で、リーマンショック時にできました。杉並区が家賃相当分を支給します。嘘みたいですが、本当です。

     コロナで、対象者が拡大しました。

     世帯収入と預貯金に一定基準が設定されており、それ以下の場合、支給されます。

     原則3か月分、延長して最大9か月。

     

    ◆コロナで、大激増しました。

     

     新規支給者

    2019年度の1年間(2019年4月〜2020年3月)

       39人

    2020年4月

      100人

        5月

        922人

           6月

      626人

     

     単純計算   100人+922人+626人=1648人

            1648÷39≒42  

     4・5・6の3か月間で、家賃が払えなくなった人が、1,648人も発生したのです。

     4・5・6の3か月間で、昨年度1年間の新規支給者の約42倍です。

     

    ◆参考までに、「住居確保給付金」に関する杉並区の予算です。

    当初予算(3月16日可決成立)

         970万円

    第3号補正予算(5月20日可決成立)

      1億9332万円

    第5号補正予算(6月17日可決成立)

      7億7209万円

     

     コロナがなければ、970万円です。それが9億7千万円と、なんと100倍に増加しました。

     

    ◆問合せ先

    杉並区天沼3-19-16の「ウェルファーム杉並」の1階にある「くらしのサポートステーション(生活自立支援窓口)です。混み合っています。

     臨時電話   080−5381−0931……月〜金(祝除)

     代表電話   03−3391−1751

    杉並区ホームページに詳しい説明が掲載されています。

     

     


    コメント
    コメントする








       

    カレンダー

    << August 2020 >>
    SunMonTueWedThuFriSat
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     

    最近のエントリー

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    recent comment

    リンク

    profile

    サイト内検索

    others

    モバイルサイト

    qrcode