コロナの基本2対策。PCR検査と入院・隔離。

0

    新型コロナウイルス感染症の基本2対策

     

    世間には様々な声がある。最近では、「東アジア人は特殊な免疫力があるから、あまり深刻にならなくてもいい。」という声を耳にした。科学的に証明された話ではないから、「そうだとイイね」と思うだけである。それをもって、「コロナ対策を緩める」と、なってはいけない。

    コロナ対策の基本は、次の2つである。

     

     第1は、PCR検査。数を大幅に拡大する。

     第2は、陽性者の入院・隔離。陽性者を感染症病床へ入院させる。病床不足ならば、軽症者などを隔離するためホテルや仮設住宅などを確保する。自宅待機は、よくない。

     

     第1に関して、日本の検査数は諸外国と比較して、極端に少ない。「大幅に拡大」すべきである。日本には、「検査数拡大に反対」派と「検査数拡大に賛成」派が、抗争中である。「検査数拡大に反対」派とは、政府・東京都・NHK・専門家会議などである。口では「検査数拡大」に前向きのような発言をしても、「事実上、何もしない」とか、「ほんの少しだけ数を増やす」が、現状である。「検査数拡大に反対」する理由が、種々述べられるが、疑問だらけである。

     第2に関しては、心配どころか不信がいっぱいである。病院がコロナを受入れると、病院は収入減・赤字化。看護師などの給与・ボーナスの削減となった。政府は、第2次補正で病院や介護のために1兆円を超える予算を組んだ。その金額では、全く足りない、ということなのか…?

     

     なお、私は3月の冒頭から「なすべき基本中の基本は、感染症病床の大幅増床」であるとして、国会議員・マスコミに対して、相当数の文書やメールを送り続けた。むろん、田中杉並区長にも送った。1〜2のマスコミから反応はあった。

    そして、杉並区は区内4病院がコロナ受入の包括補償として、23億円を投入した。画期的な施策であった。

     

     この基本2対策がしっかり実施されれば、コロナ絶滅には至らないだろうが、蔓延している「コロナ不安」は解消される。

    それは、自動的に、経済への好影響をもたらす。

     


    コメント
    コメントする








       

    カレンダー

    << August 2020 >>
    SunMonTueWedThuFriSat
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     

    最近のエントリー

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    recent comment

    リンク

    profile

    サイト内検索

    others

    モバイルサイト

    qrcode