新型コロナ不況、借金処理は?

0

    新型コロナ不況が到来です。緊急融資の案内はなされています。しかし、すでに借金返済で四苦八苦している企業・個人にとっては、借金をどうするかが、死活問題です。

    かつて不良債権時代、銀行・証券会社が破綻・倒産しました。その翌年は、自殺者が一機に年間7000〜8000人増加して、3万人を超えました。「○○大企業は借金を棒引き」という報道が頻繁にありました。「大企業で可能ならば、中小企業や個人でも可能ではないか」と研究し、借金・抵当権消滅の本を中央経済社から出版しました。全国から相談に来られました。死神に憑りつかれたような表情が、希望の表情に変化しました。

    その後、数回の改定を経て、東日本大震災の時に発売になったのが、下の写真です。

    私のとことへの相談は、リーマンショックの時、亀井静香の金融円滑化法で、ほとんど無くなりました。あれは、本当にスゴイ法律だと実感しました。金融円滑化法自体は無くなりましたが、事実上は長らく生きていました。それも、2019年3月に「休止」となりました。しかし、2020年3月、「休止」を止めて、「復活」しました。

    事実上、金融円滑化法は復活したのです。しかし、そのことは、ほとんど知らされていません。したがって、「新・金融円滑化法」が必要と思っています。

    国会の動きはともかくとして、また、私のところへの相談が激増するかも知れません。遠慮なく、ご連絡ください。 

     


    コメント
    コメントする








       

    カレンダー

    << April 2020 >>
    SunMonTueWedThuFriSat
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  

    最近のエントリー

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    recent comment

    リンク

    profile

    サイト内検索

    others

    モバイルサイト

    qrcode