第3次東京人口集中時代と電気自動車時代

0

    (1)第3次の東京への人口集中

     第1次は「集団就職」の高度経済成長期。第2次はバブル経済期。そして、今が第3次です。第3次は、日本全体が人口減時代に突入しながらも、東京へ人口が集中して東京は人口増になっている。数年前までは、なんとなく「日本が人口減だから、東京も当然に、人口減」になるだろうと思っていたが、そうならなかった。

     なぜ、東京へ人口が集中するのか?

     地方に「働く場」がないのだ。原因は、工場の海外移転、公共事業(単純土建)の減少である。地方で雇用が増えたのは、介護産業であった。言うまでもなく、介護産業の働き手は、女性が多い。男性の働き口がなくなった。だから、東京へ出るしかない。

     政府は「地方創生」を打ち出したが、最初からスローガンだけが踊っているような感じがした。

     最近、「東京23区における大学の定員抑制」を打ち出しているが、統計上、進学ではなく働き口のため東京へ行くのだ。

     「地方創生」を願うなら、一つの柱は、エネルギーの「地産地消」であろう。巨大な原子力や火力発電ではなく、再生可能エネルギー(自然エネルギー)の飛躍的増加が有効打になる。

     

    (2)電気自動車時代の大心配

     急速に電気自動車の時代になる。理由は省略するが、そうなる。ガソリン車に比べて、電気自動車は部品も少なく(4割少ない)、簡単だ。

     自動車が発明された頃は、電気自動車の方が多かったのだが、なぜか、自動車産業はガソリン車にシフトしてしまった。原因は、「偶然そうなってしまった」ということらしい。

     現在、自動車関連就業者数(ガソリンスタンドなどを含む)は530〜540万、全就業人口の8〜9%を占めている。電気自動車時代になると、4分の1は不必要になる。雇用はどうなるのだろうか?

     ここでも、再生可能エネルギー(自然エネルギー)産業がプラスに作用する。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダー

    << June 2018 >>
    SunMonTueWedThuFriSat
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930

    最近のエントリー

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    recent comment

    リンク

    profile

    サイト内検索

    others

    モバイルサイト

    qrcode