日本の大学入試の異常

0

    (1)最も重要なことは、「自ら考える」である。

     イメージ:ロダンの「考える人」…地獄の門(人々が苦しみ悶えている)で考えた。

    (2)日本だけが、マークシート方式

     各国の大学入学者選抜に係る共通試験について

       ドイツ…記述式+後述式

       フランス…記述式

       イギリス…記述式

       アメリカ…マークシート式+記述式

       日本…マークシート方式

    (3)フランスの共通試験は「バカロレア試験」という名称で、哲学が土台である。

       フランスの高校では、哲学が必修である。

    (4)2017年のフランスのバカロレアの哲学の問題

        3問出され、その中の1問を4時間で答える(作文を書く)

     ◎人文系の哲学の問題

       1、認識するには観察するだけで十分か?

       2、自分にする権利があることはすべて正当なのか?

       3、ジャン・ジャック・ルソー『人間不平等起源論』からの抜粋の文章を読んで解説を書く。(抜粋の文章は省略)

     ◎経済社会系の哲学の問題

       1、理性はすべてを説明することができるのか?

       2、芸術作品は必然的に美しいのか?

       3、トマス・ホッブス『リブブァイアサン』からの抜粋の文章を読んで解説を書く。(抜粋の文章は省略)

     ◎理系の哲学の問題

       1、権利を守ることは、利益を守ることなのか?

       2、人は自らの文化から自由になることができるのか?

       3、『ミシェル・フーコー思考集成』からの抜粋の文章を読んで解説を書く。(抜粋の文章は省略)

           ※フーコーは20世紀フランスの哲学者です。

     

    日本でも、義務教育では「考える力」をそれなりに育んでいるが、大学入試センター試験のマークシート方式によって、「考える力」が減退し、知識暗記量が重んじられる。

    そんなことを、平成29年(2017年)10月11日杉並区議会決算委員会で質問(演説)しました。教育長は、すべての知識の土台に哲学がなければならない、と答弁しました。

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダー

    << November 2017 >>
    SunMonTueWedThuFriSat
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  

    最近のエントリー

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    recent comment

    リンク

    profile

    サイト内検索

    others

    モバイルサイト

    qrcode