民法(債権)大改正が今年の国会でなされた。

0

    2017年(平成29年)の通常国会にて、民法大改正案が衆・参両院で通過・成立し、6月2日に公布された。施行日は、公布日から3年以内とされてある。2020年1月、もしくは2020年4月施行が有力視されている。

     

    民法は、「総則」「物権」「債権」「親族」「相続」の5編で構成されており、今回は「債権」の大改正である。民法制定(1896年、明治29年)以来初めての「債権」大改正である。

    なお、「親族」「相続」は、戦後、大改正された。

     

    民法の「総則」「債権」にある約400条が改正される。こうした時の学生は、新旧両方を学ばねばならず、大変だろうな。

     

    改正の主要内容は7つ。

    ➀賃貸契約の「敷金」を定義した。

     これまで、民法上の規定がなかった。「家賃などの担保」と定義され、契約終了後に、大家の返還義務が明確化された。

    中小企業が融資を受ける際に求められる「連帯保証人」は原則禁止。

     親戚・友人に頼まれ、安易に連帯保証人になって、大変な苦労、悲劇が発生していた。

    D詑潺▲僉璽函δ詑潺泪鵐轡腑鵑坊戚鵑乃瓩瓩蕕譴詈歉攷佑負う限度額を明確化。

    ぞ談濃効が5年に統一された。

     飲み屋のツケ(未払金)は1年、病院代は3年など、業種ごとにバラバラに定められていたが、「債権者が請求できると知った時から5年」に統一した。

     ところが、未払い賃金・未払い残業代の時効は2年のままです。どうして5年にしなかったのか?自公政権はブラック企業の味方みたいだ。電通、三菱電機、ヤマト運輸など大企業で続々と未払い残業代が発覚しているのに……。

    ニ…衢率を3%に引き下げた。そして、変動制導入。

     現在は5%である。3%に下がるが、3年ごとに見直される。

    Ψ膣拆ι覆悗梁弍を消費者側に立って明確化。

    認知症など意思能力がない人の契約は無効。

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダー

    << August 2017 >>
    SunMonTueWedThuFriSat
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  

    最近のエントリー

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    recent comment

    リンク

    profile

    サイト内検索

    others

    モバイルサイト

    qrcode