エネルギー自立都市構想(その5)

0
     
    平成21年(2009年)3月21日に書いたものです。

      「エネルギー自立都市構想」のその5

      (5)フライブルク(ドイツ)・・・「環境首都」

      無人の砂漠・荒野に人工都市を建設、閉鎖系の島をエネルギー自立アイランドにする・・・ではなく、既存の都市を「エネルギー自立都市」に改造する。その先進的モデルも、すでに存在する。最も有名な都市が、ドイツ南部(スイスに近い)のフライブルク市である。先進的n環境問題に取り組んでいるため、「環境首都」と呼称されている。人口21万6000人。

    ◎自然エネルギー、交通政策、ごみ処理の3つが特に有名。
    ー然エネルギー・・・原子力発電計画への対案として「エネルギー自立都市」を基本とした。「省エネ」「既存エネルギーの新しい利用形態の推進」「新エネルギーの推進」の3本柱。
     古い建物が多く、断熱構造への改築
     省エネランプの無料支給など省エネ機器の利用促進
     低エネル...ギー住宅建設促進
     太陽光発電の普及
     ごみ埋め立て場から出るメタンガスを利用したドイツ最大級のコージェネレーション発電所
     市民風車(市民が出資して設置・運営、利回り5%)
    現段階では、自然エネルギー100%は未達成だが、それを目指している。
    交通政策・・・市内への一般自動車乗り入れ禁止(1984年)。市電・市バス・自転車の強化。市民の70%が路面電車の駅から500m以内。
    ごみ処理・・・ごみを出さないルール。具体的には、「使い捨て容器の禁止」「一定量以下のごみは換金」「焼却処分禁止」
    (コメント)日本ではごみ減量のために有料化政策を採用する都市が多い。フライブルクは逆の発想で、一定量以下にごみを減量した家庭にお金を渡す。

    ◎ドイツには、フライブルクだけでなく、いくつもの環境都市がある。
                                                                  (つづく)


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダー

    << November 2017 >>
    SunMonTueWedThuFriSat
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  

    最近のエントリー

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    recent comment

    リンク

    profile

    サイト内検索

    others

    モバイルサイト

    qrcode