「お金と福祉の勉強会」ご案内(9月)

0

    「お金と福祉の勉強会」ご案内(平成30年第8回、通算119回)

                        主催者:太田哲二

    ◎「福祉とIT。AIとVRで変わる環境」

      〜クラウド、人工知能、仮想現実って何?

         知識があれば福祉が変わる。これだけは覚えよう〜

        講師:横松繁(一般社団法人VR革新機構・代表理事)

     

    ◎「社会保障・最後の砦の前に防衛陣地を創る」

      〜誰も知らない。誰も言わない。だから誰も利用(申請)しない。

         生活保護基準額の115%までなら、社会保険費は無料になるかも〜

        講師:太田哲二(立憲民主党杉並区議団幹事長)

     

    日時:9月20日(木)午後6時30分〜7時45分

    場所:阿佐谷地域区民センター(JR阿佐ヶ谷駅 南口 徒歩2分)

    会費:無料

    お問い合わせは、太田哲二の携帯090−9248−0845まで。

     

     


    「お金と福祉の勉強会」ご案内(通算118回)

    0

      「家計防衛統一ライン」(私の造語)です。社会保障の個人負担金は、国民健康保険保険料でも介護保険保険料でも保育園の保育料でも、所得が高い人は多く支払う、所得が中くらいの人は中くらい支払う、所得は低い人は少ない支払い、生活保護の人は無料となっています。問題は「低所得の人」です。低所得者の中には、➀そもそも生活保護基準以下の所得しかない人がいます。∧欷盈舛鮖拱ГΔ叛験菠欷邊霆牋焚爾砲覆襯院璽垢あります。ギリギリの生活なので著しく支払が困難な人がいます。どこの自治体の条例でも、特別な場合は、長は「減免」できると規定されています。しかし、➀特別な場合とは、何か?災害や著しく生活困難な場合なのですが、「著しく生活困難とは?」が、複雑難解な解説のため、なんだか分からない。∧雑難解な解説が国保、介護、保育園と縦割り制度で、さらに分からない。申請主義である。そんなことで、「制度はあっても、生きた制度になっていません」。

       私は、分かりやすい、かつ、各制度に共通の「著しく生活困難」ラインを創ろうと、今、思案しています。

       


      「お金と福祉の勉強会」(通算117回)ご案内

      0


        「お金と福祉の勉強会」(通算116回)ご案内

        0

          「お金と福祉の勉強会」(平成30年第5回、通算116回)のご案内です。

          気楽にお越しください。

           


          「お金と福祉の勉強会」ご案内(平成30年第4回)

          0

            「お金と福祉の勉強会」ご案内  平成30年第4回(通算第115回)

             

            ◎「被爆者が願ってきたこと」

               講師:吉田一人(杉並光友会[原爆被爆者の会]副会長)

             

            ◎「保育料について」

               講師:太田哲二(立憲民主党杉並区議団幹事長)

             

            日時:5月26日(土)午後6時30分〜7時45分

            場所:阿佐谷地域区民センター(JR阿佐ヶ谷駅[南口]徒歩2分)

            会費:無料

            ※準備の都合上、出席の方はできれば太田哲二までご連絡ください。

             

              FAX 03(3332)0672

              携帯  090−9248−0845

              PCメール  info@ota-tetuji.jp

             


            | 1/12PAGES | >>

            カレンダー

            << October 2018 >>
            SunMonTueWedThuFriSat
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   

            最近のエントリー

            カテゴリー

            月別アーカイブ

            recent comment

            リンク

            profile

            サイト内検索

            others

            モバイルサイト

            qrcode