河北の肺がんレントゲン「見落とし」事件(4)

0

    朝日新聞朝刊2018年(平成30年)7月18日。前日、記者会見があり、それが記事になりました。下の写真は「全国版」で、「東京版」にも掲載され、それは、「河北の肺がんレントゲン「見落とし」事件(3)」で見てください。

     


    河北の肺がんレントゲン「見落とし」事件(3)

    0

      2018年(平成30年)7月18日の朝日新聞朝刊に前日の記者会見の様子が掲載されました。下の写真は「東京版」です。

       


      河北の肺がんレントゲン「見落とし」事件(2)

      0

        7月17日(火)午後2時〜4時15分、記者会見がありました。下は朝日新聞17日の夕刊です。したがって、記者会見前に入稿したものです。保健予防の柱は、.丱薀鵐垢△訖事、適度な運動、社会活動、じ/如△裡瓦弔任后その一つ、「検診」の信用性が損なわれるかも知れません。


        河北の肺がんレントゲン「見落とし」事件(1)

        0

          河北病院の肺がんレントゲン「見落とし」事件の第1報は、議会の議員ポストに、下のペーパーが配られました。

          私は、7月17日の記者会見に参加しました。私以外の議員は、私が目撃した限りでは、2人でした。

          病気になる前、要介護になる前の「保健予防」が何よりも大切です。「保健予防」の重要な柱は「検診」です。今回の事件は「検診」への信頼性を損なうことになるかも知れません。


          7月豪雨の岡山県総社市へ区職員5名を派遣

          0

             

            平成30年7月の西日本を中心とする豪雨の被災者を支援するため、杉並区は緊急の以下の対応をしました。

            (1)区職員5名を岡山県総社市へ派遣する。杉並区社会福祉協議会も職員2名を派遣することになりました。写真は、7月13日の出発式です。

             東日本大震災で、大災害の場合、自治体職員が決定的に人員不足が明らかになりました。杉並区は今も南相馬市へ職員を派遣しています。今回も迅速に派遣をしました。

            (2)義援金など

             ➀日本赤十字による義援金の受付

             ⊃並区は見舞金100万円を被災自治体へ届けます。(東京事務所へ持参)

             6菴Π(教職員も含む)による義援金募集

             


            | 1/97PAGES | >>

            カレンダー

            << July 2018 >>
            SunMonTueWedThuFriSat
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    

            最近のエントリー

            カテゴリー

            月別アーカイブ

            recent comment

            リンク

            profile

            サイト内検索

            others

            モバイルサイト

            qrcode