「お金と福祉の勉強会」ご案内(平成30年第4回)

0

    「お金と福祉の勉強会」ご案内  平成30年第4回(通算第115回)

     

    ◎「被爆者が願ってきたこと」

       講師:吉田一人(杉並光友会[原爆被爆者の会]副会長)

     

    ◎「保育料について」

       講師:太田哲二(立憲民主党杉並区議団幹事長)

     

    日時:5月26日(土)午後6時30分〜7時45分

    場所:阿佐谷地域区民センター(JR阿佐ヶ谷駅[南口]徒歩2分)

    会費:無料

    ※準備の都合上、出席の方はできれば太田哲二までご連絡ください。

     

      FAX 03(3332)0672

      携帯  090−9248−0845

      PCメール  info@ota-tetuji.jp

     


    南北コリアが統一されると、統一コリアの経済は?

    0

      南北コリアが統一されると世界7の経済大国に!

       2009年9月21日、ゴールドマンサックスが、「統一コリアと北のリスク再評価」という報告書を発表した。(Global Economics Paper  No:188)
       内容は、2050年に、G7(主要7カ国)をしのぐ経済規模になる、というもの。
      個人所得では、米国に次いで、第2位になる(日本よりも上)。
       ちなみに、他の文書から、中国、米国、インド、ブラジル、日本、ロシア、統一コリア、ドイツの順位を予想しているようだ。
       要因は、北の豊富な天然資源、良質な人的資源と南の技術・資金力が結合すると、非常におおきな相乗効果(ジナジー効果)が実現できるということ。
       統一は、ドイツやベトナムのような吸収合併でななく、「一国二経済・政治体制」の可能性が高いとされている。
       むろん大前提は、南北の友好・信頼・平和、北の変化、南の寛容などが必要とされる。
       
       10年前の2011.10.8のブログで書いたことを思い出し、再掲しました。
       
       なんというか、アメリカの「将来分析、将来シュミレーション」は、自由闊達だな〜、と思う次第です。それから、こうした将来予測は基本的に「当たるも八卦当たらぬも八卦」です。南北統一で、南北経済大混乱という予想もあります。今後、統一コリア経済がどうなるか、様々な論説が出回るだろうな。すでに(1〜2年前)、38度線とソウルの間の土地を買えば、ボロ儲けできる、という話があった。最近では、トランプがピョンヤンにトランプタワー(超高層ビル)を建設する、という話もある。さあ、どうなるか?

       


      『日本のお米が消える』(月刊日本2月号増刊)を読もう!

      0

        『月刊日本』2月号増刊「日本のお米が消える」は、ぜひ読んでください。他の号は読むこともありませんが、この号だけは、ぜひ読んでください。

        第1章 日本のおコメが食べられなくなる。

             イネの価格は10倍に跳ね上がります。

             種子法を廃止する理由はどこにもありません。

             その他

        第2章 安倍政権は共犯だ

             御用学者や御用経営者が農政を牛耳っています。

             『稼げる農業』の罠

             その他

        第3章 真犯人の正体を突き止めた!

             遺伝子組み換え食品を食べるのは危険です

             日本だけが遺伝子組み換えを推進しています

             種子法廃止はモンサント支配に道を開きます。

             その他

        第4章 本来の農業を取り戻そう

             モンサントを撃退した中南米に学ぼう

             種子法廃止に反対する国民運動が始まっています

             その他

         


        「昔人の物語」一覧

        0

          医薬経済社の電子で『昔人の物語』で連載しています。

          「医薬経済社」「昔人」「人物名」で検索してください。

                                    太田哲二

          (1)伊勢(王朝歌人)

          (2)松平不昧(茶人大名)

          (3)加藤清正

          (4)紀伊国屋文左衛門

          (5)巴御前

          (6)津軽信政と野呂利左エ門(植林の話)

          (7)細川重賢(理科系大名)

          (8)由井正雪

          (9)文観(真言立川流)

          (10)おふく(宇喜多直家の妻、宇喜多秀家の母)

           

          (11)平賀源内

          (12)井原西鶴

          (13)河村瑞賢

          (14)池田光正

          (15)武田信玄

          (16)前田利常、前田綱紀

          (17)推古女帝

          (18)保科正之

          (19)軽皇子と衣通姫(そとおりひめ)

          (20)王仁

           

          (21)太地角右衛門(鯨分限)

          (22)山田長政

          (23)蔦屋重三郎(江戸の出版商人)

          (24)山上憶良

          (25)石田三成

          (26)山本五十六

          (27)石原莞爾

          (28)西郷隆盛

          (29)松下禅尼

          (30)徳川光圀

           

          (31)英一蝶(はなぶさいっちょう、江戸の島流しになった絵師)

          (32)榎本武揚

          (33)奈良屋茂左衛門(非道の商人)

          (34)藤原道綱の母(蜻蛉日記の作者)

          (35)唐人お吉

          (36)一休宗純

          (37)原惣右衛門(忠臣蔵の真実)

          (38)日野富子

          (39)石川六兵衛の妻(衣装合戦ナンバーワン)

          (40)貝原益軒

           

          (41)道元

          (42)上杉鷹山

          (43)野中兼山

          (44)菅原孝標女(更級日記の作者)

          (45)福沢諭吉

          (46)赤染衛門(王朝女性歌人)

          (47)明智光秀

          (48)日本武尊

          (49)小野小町

           


          古今和歌集の六歌仙

          0

            『古今和歌集』の「六歌仙」をテーマにした小説です。『逢坂の六人』(周防柳著、集英社)です。あくまでも、フィクションです。事実は、小野小町、在原業平、遍照、文屋康秀の4人は互いに手紙・和歌をやり取りしている親しい仲です。大友黒主と喜撰法師の実像は不明です。

             なお、今般、「昔人の物語、第49話、小野小町」を書きました。出版社にメール送付したばかりなので、連休明けには、電子書籍で読めると思います。『古今和歌集』、すなわち紀貫之が、以後1000年の日本文化の基礎・基本となった、日本文化の大ワクをつくった。そして、小野小町の「花の色は…」の1首が、日本人独特の「無常観」を深く染み込ませた、というものです。

            「医薬経済社」「昔人」で検索して下さい。

             それにつけても、「古文なんかどうでもいい。英語教育を」という流れにあるが、日本文化はどうなってしまうのだろうか。ルネッサンスはあるだろうか。

             


            | 1/93PAGES | >>

            カレンダー

            << May 2018 >>
            SunMonTueWedThuFriSat
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  

            最近のエントリー

            カテゴリー

            月別アーカイブ

            recent comment

            リンク

            profile

            サイト内検索

            others

            モバイルサイト

            qrcode