「みなし寡婦控除」杉並区は全面的に実施

0

     所得税・住民税には、税負担軽減の措置として所得控除(基礎控除・扶養控除など14種類)があります。その1つが寡婦控除です。対象者は、「死別・離婚」の寡婦で、「未婚のシングルマザー」は含まれていません。

     専門家は、「未婚のシングルマザー」も寡婦控除の対象に含めようと思っていますが、国会議員の中に、江戸〜戦前の古い価値観を持つ者が力を有していて、頓挫しています。

     約30年前、「できちゃった婚」という言葉が流行りました。「未婚時代に妊娠してしまったので、男女の気持ちは冷めているが、やむなく結婚した」という感じの言葉です。しかし、今は、「未婚時代に妊娠した、でも男女の気持ちは冷めてしまった。やむなく結婚ではなく、シングルマザーの道を選択」が増加しています。

     事実問題として、「死別・離婚のシングルマザー」に比較して「未婚のシングルマザー」は、税金だけでなく、税金を基礎に計算される福祉施策では不利な状態になります。したがって、多くの自治体(杉並区も)は、福祉施策の一部(保育料の計算など)で、「みなし寡婦控除」を導入しています。こうした自治体の動向をみて厚労省も2018年(平成30年)2月に、いくつかの福祉施策に関して、「みなし寡婦控除」を適用する方針を打つ出しました。(東京新聞2018・2・4号)

     杉並区では、今年、2018年(平成30年)6月の私の杉並区議会一般質問に応じて、全庁で寡婦控除に関係する施策をすべて調査して、今般、全面的に「みなし寡婦控除」を適用することになりました。

     なお、「未婚のシングルマザー」の数は、杉並区では数十人と推測しています。

     追加して強調したいことは、国が所得税を改正して「寡婦控除」の対象者に、「未婚のシングルマザー」を加えれば、こんなごちゃごちゃしたことには、ならないのに…と思います。

     

     

     


    終戦直前、やばい資料は燃やされた

    0

       やばい資料は隠滅する!

       

       写真の3段目文章にあるように、 終戦直前(8月15日)の数日間、徹夜で書類を燃やし続けた。このことは、浴風会にあった「陸軍中央特種情報部」だけでなく、霞が関の中央官庁も同じであった。昼夜、煙突が黒煙がモクモクと出た。

       何かの本で読んだが、その黒煙を見て、「異常発生→敗戦→無政府状態」を確信した者が多数いた。彼らは、ドサクサの大儲けを計画した。ヤクザ組織もその一つで、一挙に市場等を支配(縄張り)を企てた。15日の夕方から、大勢の武器を持った男達をトラックに乗せて、狙った場所へ進出した。

       中央官庁がやばい資料を隠滅するのは、この時から伝統になったのかな〜。


      神明中学校震災救援所 訓練のご案内

      0

        ここ数年、日本は「災害列島」の感じを強くします。

        神明中学校震災救援所の訓練を行います。

        気楽にご参加ください。

         


        「お金と福祉の勉強会」ご案内(9月)

        0

          「お金と福祉の勉強会」ご案内(平成30年第8回、通算119回)

                              主催者:太田哲二

          ◎「福祉とIT。AIとVRで変わる環境」

            〜クラウド、人工知能、仮想現実って何?

               知識があれば福祉が変わる。これだけは覚えよう〜

              講師:横松繁(一般社団法人VR革新機構・代表理事)

           

          ◎「社会保障・最後の砦の前に防衛陣地を創る」

            〜誰も知らない。誰も言わない。だから誰も利用(申請)しない。

               生活保護基準額の115%までなら、社会保険費は無料になるかも〜

              講師:太田哲二(立憲民主党杉並区議団幹事長)

           

          日時:9月20日(木)午後6時30分〜7時45分

          場所:阿佐谷地域区民センター(JR阿佐ヶ谷駅 南口 徒歩2分)

          会費:無料

          お問い合わせは、太田哲二の携帯090−9248−0845まで。

           

           


          『画家が戦争を記録した』

          0

            約15年前、Nikk映像の社長から、「杉並区立の全小中学校の学校図書室に寄付したい。某杉並区議に依頼したが、あれこれの理由を述べられて断られたので」ということで、私が引き受け、区の教育委員会から学校に配布されました。

            画家は故郷へ帰ると、すぐさま、忘れてはいけない、ということで、ひたすら描いた。
            あとがきに画家の文章がある。「画集を町内班員(約30世帯)に見せたことがあった。結果はひどいものだった。当時、人の関心は画集(絵)より食い気が先だった。それに、こんな兵隊じゃあ日本も負けて当り前と、暗に私を非難した苦言や嘲笑に終った。昭和30年結婚。東京へ出た。勤め先関係で海軍士官の経歴をもつ事業主から、こうした画集は、はやく焼却したほうが君の安全のためにもいいと忠告までうけた。まさか、と決断できぬままに数十年がたち・・・」

             


            | 1/99PAGES | >>

            カレンダー

            << October 2018 >>
            SunMonTueWedThuFriSat
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   

            最近のエントリー

            カテゴリー

            月別アーカイブ

            recent comment

            リンク

            profile

            サイト内検索

            others

            モバイルサイト

            qrcode