日本の大学入試の異常

0

    (1)最も重要なことは、「自ら考える」である。

     イメージ:ロダンの「考える人」…地獄の門(人々が苦しみ悶えている)で考えた。

    (2)日本だけが、マークシート方式

     各国の大学入学者選抜に係る共通試験について

       ドイツ…記述式+後述式

       フランス…記述式

       イギリス…記述式

       アメリカ…マークシート式+記述式

       日本…マークシート方式

    (3)フランスの共通試験は「バカロレア試験」という名称で、哲学が土台である。

       フランスの高校では、哲学が必修である。

    (4)2017年のフランスのバカロレアの哲学の問題

        3問出され、その中の1問を4時間で答える(作文を書く)

     ◎人文系の哲学の問題

       1、認識するには観察するだけで十分か?

       2、自分にする権利があることはすべて正当なのか?

       3、ジャン・ジャック・ルソー『人間不平等起源論』からの抜粋の文章を読んで解説を書く。(抜粋の文章は省略)

     ◎経済社会系の哲学の問題

       1、理性はすべてを説明することができるのか?

       2、芸術作品は必然的に美しいのか?

       3、トマス・ホッブス『リブブァイアサン』からの抜粋の文章を読んで解説を書く。(抜粋の文章は省略)

     ◎理系の哲学の問題

       1、権利を守ることは、利益を守ることなのか?

       2、人は自らの文化から自由になることができるのか?

       3、『ミシェル・フーコー思考集成』からの抜粋の文章を読んで解説を書く。(抜粋の文章は省略)

           ※フーコーは20世紀フランスの哲学者です。

     

    日本でも、義務教育では「考える力」をそれなりに育んでいるが、大学入試センター試験のマークシート方式によって、「考える力」が減退し、知識暗記量が重んじられる。

    そんなことを、平成29年(2017年)10月11日杉並区議会決算委員会で質問(演説)しました。教育長は、すべての知識の土台に哲学がなければならない、と答弁しました。

     

     

     

     


    南スーダンの自衛隊員、自殺ではなく戦死か

    0
      自衛隊員が海外で戦って死んでも、戦死にならないようだ。
      「自殺」か「事故死」にされてしまうようだ
      イラクと南スーダン、二回の海外派兵で「自殺」した自衛隊員が、なんと56名。
      このことは、2年前、テレビでも報道されました。
      どうして、そんなに「自殺」が多いのか。
      本来、大量自殺の原因を徹底究明すべきです。
      みんな、「実は戦死」と言われています。
      2年前、南スーダンの自衛隊日報が隠蔽され、やっと出てきたものは「黒塗り」だらけ。
      絶対に隠すべき何かがあったのだろう。
      稲田大臣は、「戦闘」を「衝突」と言い換えた。
      そのための「黒塗り」と言われた。
      それだけか?
      「戦死」を「自殺」に言い換えるための、日報隠し、日報「黒塗り」だった、かもしれない。

      「お金と福祉の勉強会」(通算110回)ご案内

      0

        「お金と福祉の勉強会」(平成29年第9回・通算110回)ご案内

         

        ◎「認知症になっても安心して暮らすために」

              講師:吉田洋之(介護・福祉事業者 代表)

         

        ◎「国税と地方税を混同する与党税調」

              講師:太田哲二(杉並区議会議員)

         

        日時:10月9日(月、祝日)午後6時30分〜7時30分

        場所:阿佐ヶ谷地域区民センター(JR阿佐ヶ谷駅南口徒歩2分)

        会費:無料

        主催者:太田哲二

         

        ※直接、会場へお越しください。ご連絡は、太田哲二(090−9248−0845)へ


        国税と地方税をごちゃ混ぜにするデタラメ与党国会議員(四コマ漫画)

        0

          昨年12月、与党(自民・公明)の税調は次のことを決めた。/靴靴す饑如平肯售超税)を創設する。徴収方法は、地方税に上乗せ課税する。杉並区ならば、区民税の均等割に上乗せして課税する。K槐(平成29年)12月に正式決定する。

          これは、国税と地方税をごちゃ混ぜにするデタラメ税制である。

          与党の国会議員は、国税と地方税の区別もつかない。与党の国会議員は地方自治を理解していない。

          もう、頭脳は錯乱状態にあるようだ。

          マスコミも、まったく無関心のようだ。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           


          「お金と福祉の勉強会」(通算109回)ご案内

          0

            「お金と福祉の勉強会」ご案内(平成29年第8回・通算109回)

                                     主催者・太田哲二

            ◎「自分がこの国この街で精神障害者だったら」

               講師:丹菊敏貴(一般社団法人クレオソーレ代表理事)

                        「すぎなみ151」(地域活動支援センター)及び

                        「koen the TAO」(就労継続支援B型)を運営。

            ◎「杉並区の財政」

               講師:太田哲二(杉並区議会議員)

             

            ・太田哲二作詞・監修 認知症予防・お口の体操『みんな笑顔、みんな元気!』DVD発表

             

            日時:9月14日(木)午後6時30分〜7時30分

            場所:阿佐ヶ谷地域区民センター (JR阿佐谷駅 南口徒歩2分)

            会費:無料

            ※準備の都合上、出席の方はできれば 太田哲二までご連絡ください。

             

               FAX 03(3332)0672

               携帯電話 090−9248−0845

               PCメール  info@ota-tetuji.jp

             

             

             


            | 1/86PAGES | >>

            カレンダー

            << October 2017 >>
            SunMonTueWedThuFriSat
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    

            最近のエントリー

            カテゴリー

            月別アーカイブ

            recent comment

            リンク

            profile

            サイト内検索

            others

            モバイルサイト

            qrcode